中央ろうきん若者応援ファンド

社会的不利・困難を抱える若者の“はたらく”を応援します!

中央ろうきん若者応援ファンドとは

<中央ろうきん>は、はたらく仲間を応援する非営利・協同の福祉金融機関。労働組合・生協・市民活動団体などの非営利組織との連携により、はたらく人をとりまく福祉課題の解決に取り組んでいます。

「中央ろうきん若者応援ファンド」は、家庭環境や経済状況、病気や障害などの諸事情による社会的な不利・困難を抱え、不安定な就労や無業の状態にある若者を応援する、<中央ろうきん>の市民活動助成制度です。

助成制度の目的

中央ろうきんは、“働きたくても、働けない”若者の自立就労に関する市民活動を支えることで、若者が、どのような困難な事情を抱えていても、社会の一員として暮らし、働き、よい人間関係を築ける社会を実現することを目指しています。

「中央ろうきん若者応援ファンド」は、若者応援の出口として就労の選択肢を増やすため、現場の若者支援団体(NPO等の非営利団体)が分野や領域を超えて連携し、新たなプログラムをつくる取り組みを応援します。

また、若者応援に携わる「人」や「組織」の成長を願い、先駆的でユニークな取り組みが広がり、若者を応援する活動分野全体が強くなることを期待しています。

選考結果

「中央ろうきん若者応援ファンド」の選考は、外部有識者で構成する「選考委員会」で行います。これまでの選考結果は、こちらからご覧いただけます。

助成団体紹介

「中央ろうきん若者応援ファンド」では、助成団体を広報面においても支援し、「社会的不利・困難を抱える若者」の就労に係る理解や認知を広めていくことを目的に、雑誌『ビッグイシュー日本版』にて助成団体の活動紹介記事を連載しています。同時配信中のWEB媒体『ビッグイシュー・オンライン』掲載記事は、こちらよりご覧いただけます。

募集要項

「中央ろうきん若者応援ファンド」は、「A:若者応援の出口をつくる、出口につなげるプログラム」および「B:若者と社会をつなぐ支援者(スタッフ・ボランティア)を育てるプログラム」の二つのテーマについて、多様な人・組織が活動の分野や領域を越えて連携し、若者応援の仕組みやプログラムをスケールアップ・スケールアウトする活動を対象としています。

コラム:いま、なぜ若者応援が必要なのか?

「中央ろうきん若者応援ファンド」の創設を記念し、雑誌『ビッグイシュー日本版』の連載シリーズ「若者支援の現場」誌面において、「いま、なぜ若者応援が必要なのか?」をテーマとするインタビューコラム(全7回)を連載しました。

キックオフシンポジウム報告

「中央ろうきん若者応援ファンド」の創設を記念し、2014年10月4日(土)、東京都千代田区の全電通労働会館において、「中央ろうきん若者応援ファンド」創設記念シンポジウム『いま、なぜ若者応援が必要なのか』を開催しました。

プレスリリース

「中央ろうきん若者応援ファンド」に関するプレスリリースは、こちらからご覧いただけます。

この助成事業は、中央労働金庫のCSR 活動の一環として中央ろうきん社会貢献基金(会長:松迫卓男)※が企画・運営を行っています。

※ 中央ろうきん社会貢献基金

福祉・環境および文化にかかわる助成、支援活動を通じて、人々が共生できる社会の実現に資することを目的に、設立(2002年4月1日)。はたらく人の団体、広く市民の参加による団体に対する助成・支援活動とそのために必要な事業を実施しています。

本制度のお問い合わせ先

中央ろうきん社会貢献基金(中央労働金庫総合企画部<CSR 企画>内)

担当:髙瀬・岩村
TEL:03-3293-2048