重要なお知らせ

振り込め詐欺(オレオレ詐欺等)にご注意ください

掲載日付:2007年02月28日

親の子(孫)を思う気持ちを利用した悪質かつ卑劣な犯罪が多発しています。

主な手口は次のとおりです。落ち着いて対応すれば被害は防げます。だまされないようお気をつけください。

主な手口(詐欺電話の例)

1.子、孫を装う

「あ、おばあちゃん。
孫の○○だけど、バイクで事故やっちゃって困ってるんだ。
お金を振込んで欲しいんだけど・・・」

2.警察、弁護士を名乗る

「こちら○○警察署の者ですが、
子供さんが交通事故を起こしまして、今、留置されています。
今すぐに示談金を振込めば相手の方が和解してくれて釈放できます。
すぐにお金を用意できますか、・・・」

3.脅す、強要する

「お宅の子供(孫)が俺の車に傷をつけたので、監禁している。
帰して欲しければ指定した口座に○○○万円、すぐに振込め。」

対策

その1
  「慌てない・動揺しない」ことが大切です。

その2
本人に連絡をとり、事実を確認する。
日頃から連絡先を控えておくと「いざという場合」に効果があります。

その3
振込む前に家族に相談してください。
また、少しでも疑問がある場合は、最寄りの警察や公的な消費者センターにも相談してください。

 

一覧へ戻る

重要なお知らせ

ろうきん