金利タイプ

<中央ろうきん>の住宅ローンは、自分にあったプランを4つの金利タイプからお選びいただけます。

固定金利特約型(3・5・10・20年)

お借入れ当初から一定期間(3・5・10・20年)、金利が固定されます。固定金利の期間は返済額が固定されているので、期間中の返済計画が組みやすくなります。

固定金利特約型(3・5・10・20年)

※特約期間終了後のお取扱い

特約期間「3年」「5年」「10年」の再特約は自動更新となります(「20年」は非自動更新となります)。特約期間終了時に自動更新解除のお申し出がない場合、固定金利特約型3年は固定金利特約型3年で、固定金利特約型5年は固定金利特約型5年で、固定金利特約型10年は固定金利特約型10年で自動更新します。残存期間が自動更新する年数に満たない場合、自動更新は行わず、以降は変動金利型となります。

特約期間終了後の詳細はこちら

固定期間の特約期間終了後に当初金利より上昇すると、返済額が増加する場合があります。

変動金利型

金利情勢の変化に伴い、金利が変動します。

金利は半年ごとに見直します。4月1日と10月1日の労金プライムレートを基準に、4月1日の見直しは7月・10月1日の見直しは翌年1月の約定返済日の翌日から新金利を適用します。

返済額は5年ごとに再計算します。ただし、金利が上昇した場合でも、それまでの返済額の1.25倍を限度とします。金利が下落した場合は、割賦金の変更はせずに、返済期間を短縮します。

変動金利型

当初借入時に将来の返済額が確定しません。
返済中に金利水準が上がるとそれに合わせて返済額も増加する場合があります。

LooF10(上限金利特約型10年)

上限金利を設定したタイプの変動金利型の住宅ローンです。

金利は変動しますが、特約期間中は金利の上限があらかじめ決まっています。

金利は半年ごとに見直します。4月1日と10月1日の労金プライムレートを基準に4月1日の見直しは7月・10月1日の見直しは翌年1月の約定返済日の翌日から新金利を適用します。

返済額は5年ごとに再計算します。ただし、金利が上昇した場合でも、それまでの返済額の1.25倍を限度とします。金利が下落した場合は、割賦金の変更はせずに、返済期間を短縮します。また、特約期間終了後に残高と残返済期間により返済額の見直しを行います。

特約期間終了時には変動金利型となりますが、その時点の金利で特約期間を再設定することもできます。

LooF10(上限金利特約型10年)

※返済期間が特約期間以上ある場合にご利用いただけます。

※特約期間終了後のお取扱い

上限金利特約期間終了時は、上限金利特約型、固定金利特約型に再特約することができます。なお、再特約のご指示がない場合は変動金利型となります。なお、ローン完済日までの期間が選択する金利特約期間よりも短い場合には、上限金利特約型および固定金利特約型の選択はできません。

特約期間終了後の詳細はこちら

上限金利を設定するため、一般的に変動金利より少し高い金利となります。

全期間固定金利型

借入れ当初から返済終了まで、金利が変わりません。金利を固定することにより返済額が固定されるので、堅実な返済計画が可能です。

全期間固定金利型

将来金利が下落した場合、低金利のメリットは受けられません。

住宅ローンWeb簡易審査申込 お申込はこちら

  • 不動産担保ローン金利
  • ローンシミュレーション
  • ご来店・相談会予約
  • ローンご相談シート
  • 資料請求
  • 商品概要説明書(ローン商品)

かりる

このページの先頭に戻る

ろうきん