お客様からの声にお応えした主な取組み【2006年度】
中央労金では、日頃より、お客様から寄せられる貴重なご意見・ご要望を踏まえ、お客様満足度の向上に向けた取組みを実施しております。
以下、2006年度に実施した主な取組について取りまとめましたのでご報告いたします。

今後とも、お客様の声を大切に「お客様の視点に立った事業活動の展開」に努めてまいります。
【お客様の大切な財産を守り、利便を高める取組み】
(1) 「普通預金(無通帳型)」取扱い開始
 労働金庫のほか提携金融機関のATMでの取引内容も記載した「入出金明細票(ステートメント)」を発行することにより通帳を不発行とする「普通預金(無通帳型)」の取扱いを開始しました。
(2) 「Webお知らせサービス」取扱い開始
 残高や満期・期日のご案内など特定の取引について、インターネットを通じて当金庫ホームページの専用サイトからアクセスして閲覧することができる「Webお知らせサービス」の取扱いを開始しました。
(3) キャッシュカード犯罪防止対策
 盗難・偽造カードを用いて行われるATM等から不正払出を防止するため「異常取引検知システム」を導入するとともに、ATMでの1日あたりのお支払い等のご利用限度額を50万円に変更しました。また、生年月日など類推されやすい暗証番号を登録されているお客様には注意喚起を促すDMを実施しました。
【商品・サービスの改善および充実に関する取組み】
(1) 有担保ローンの商品性改善
 「有担保ローン固定金利選択型20年もの」の取扱いを開始するとともに、お客様の所属団体、取引内容に応じた住宅ローン金利の個人優遇制度の充実を図りました。また、有担保ローン等をご利用されるお客様を対象に、「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」の3大疾病保障特約・障害特約を付した団体信用生命保険の取扱いを開始しました。
(2) 「モバイルマイプラン」取扱い開始
 インターネットバンキングの機能を活用して携帯電話等でご利用いただくことによりカード発行を不要とした「モバイルマイプラン」の取扱いを開始しました。
(3) 「育児支援ローン」取扱い開始
 次代の社会を担う就学前の児童がいらっしゃる家庭を金融面から支援する「ろうきん育児支援ローン」の取扱いを開始しました。
【相談活動・セミナー&研修会活動に関する取組み】
(1) 一部店舗での営業時間の延長および休日営業の実施
 勤務後や休日など生活スタイルに合わせてゆっくりとご相談いただけるよう、引き続き、営業時間後や土・日曜日での各種相談会を開催しました。
(2) 退職者セミナーの開催
 定年退職を控えた方々を対象に、公的年金や退職金などセカンドライフに関することをテーマにセミナーを開催しました。
(3) 確定申告相談会の開催
 住宅取得に伴い住宅ローンを利用された方や退職金を受け取られた方々を対象に、税理士と連携し「確定申告相談会」を開催しました。
 
以上

Copyright©2007,Chuo Labour Bank