本当はスゴイ!「伝統食材」パワー 酢 ”ゆたか”の法則 食

 私たちが普段、何気なくお料理に使ったり食べたりしている「伝統食材」。今、その健康効果が科学的に検証され見直されています。
1回目の「醤油」に続き、2回目は「酢」。「体にいいのはわかっているけど、酸っぱいのは苦手…」という方のために、手軽に作れておいしい「お酢レシピ」もあわせてご紹介します。

酢画像

「酢」

 お酢とは、穀物や果物などの糖質を含む食材をアルコール発酵させた後、酢酸発酵させた液体調味料のこと。調味料の中で、塩とともに最も起源が古いといわれ、紀元前5000年頃の古代バビロニア人はすでに、果実を利用して酢を造っていたといわれます。日本で食酢が造られるようになったのは、4~5世紀ごろ。中国からお酒を造る技術とともに米酢の醸造技術が伝えられましたが、当時は朝廷や貴族しか食べられない贅沢品で、庶民に広まったのは江戸時代に入ってからでした。

酢画像

こんなにスゴイ、酢の健康パワー

 酢の健康効果は古代から知られていて、ギリシャの学者ヒポクラテスは、病みあがりの病人にお酢をとるようにすすめていました。中国でも周の時代には、漢方薬としてその効能が認められていたそうです。最近は、医学的なデータでも、生活習慣病予防などの効果が検証されています。

減塩効果
 酢には、塩味を引き立たせる働きがあります。ですから塩分を控えた食事でも、酢を加えることで塩味が引き立ち、 おいしく仕上がります。
カルシウムの吸収アップ
 カルシウムは現代の日本人が不足しがちな栄養素のひとつ。酢の主成分である酢酸には、カルシウムを体内に吸収しやすくする働きがあります。
疲労回復効果
 運動をしてエネルギーを消耗し、疲労を感じた時は、食事からのエネルギー補給が必要です。この時、酢を一緒にとると、体のエネルギー源の1つであるグリコーゲンを効率的に再補充できます。
ダイエット&美肌効果
 酢には、脂質を分解したり、脂肪や糖質の消化を促す効果があるので、ダイエットをしたい人は積極的にとるといいでしょう。またアミノ酸が豊富で新陳代謝を高める働きもあるので、美肌効果も期待できます。
高めの血圧を調整
 酢には、高めの血圧を下げる効果があると昔から言われてきましたが、毎日大さじ1杯(15ml)の酢をとった人の血圧の変化を調べた結果、高めの血圧が調整されたという実験データがあるそうです。
高めの血中脂質を調整
 脂質異常症は、高血圧や喫煙と並んで、心筋梗塞や狭心症などを引き起こす動脈硬化の大きな危険因子の一つ。酢には、高めの血中総コレステロールや血中中性脂肪を下げる働きがあるという実験データもあります。

■参考資料
全国食酢協会中央会 HP
株式会社 ミツカン HP
◎「発酵美人」(小泉武夫著/メディアファクトリー)

Let’s酢Cooking!

■毎日の食事で大活躍!酢を使った具だくさんのたれ

酢が苦手な方もおいしくとれ、手軽に作れていろいろなお料理に幅広く活用できる、便利な万能だれです。

香り酢醤油

  • <材料>(作りやすい分量)
  • ★砂糖・醤油・酢 各大さじ3
  • ★ゴマ油 大さじ1
  • ☆にんにく・生姜・ネギ 適量
  • 1
    ★を混ぜ、みじん切りにした☆を加えます。
    ※ゴマ油をラー油にすれば、食べるラー油風に。
    ※冷蔵庫に入れておけば、数日保存できます。

  • 香り酢醤油(大さじ1) 〈約33kcal〉
食べるラー油風・香り酢醤油

蒸し野菜やグリルした野菜にかけるだけで、立派な一品に!お豆腐や卵にかけるのもおすすめです。お惣菜の鶏のから揚げにかければ、油淋鶏(ユーリンチー)が完成!

春野菜のホットサラダ

  • <材料>(2人分)
  • ★春人参 1/2本
  • ★新玉ねぎ 1/2個
  • ★新じゃが 中1個
  • スナップエンドウ 6本
  • ☆サラダ油かオリーブ油 大さじ1/2
  • ☆塩 ひとつまみ
  • 1
    ★は皮付きで大きめに切り、スナップエンドウは筋をとります。
  • 2
    フライパンに★を並べた後に、☆を加えて蓋をして約10分弱火で色鮮やかに蒸します。最後の3分でスナップエンドウも入れます。
  • 3
    器に野菜を盛り、香り酢醤油を入れた小鉢を添えます。

  • 春野菜の香味サラダ 2人分〈444kcal〉
    油淋鶏(唐揚げ6個) 2人分〈828kcal〉
春野菜のホットサラダ 油淋鶏

■電子レンジだけで完成!お手軽♪酸辣湯麺(サンラータンメン)

キッチンばさみを使えば、包丁とまな板なしで下ごしらえ完了、加熱は電子レンジ、味付けはポン酢と鶏ガラスープだけ。でも味は本格的です!

レンジ酸辣湯麺

  • <材料>(1人分)
  • 鶏手羽元 2本
  • しめじ 1/2袋
  • えのき 1/4~1/3袋
  • 青味 少々
  • 春雨(戻し不要タイプ) 一袋(30g位)
  • 鶏ガラスープ 小さじ1
  • ポン酢・醤油 大さじ2
  • 塩・こしょう 適量
  • ★ラー油・あらびき黒こしょう 適量
  • 1
    鶏手羽元に塩・こしょうをしておき、しめじ、カットしたえのきをほぐします。
  • 2
    麺丼に春雨と1、鶏ガラスープ、ポン酢(半量)を入れ水(300~400cc)を注ぎ600Wのレンジで7~8分加熱します。
  • 3
    塩こしょうで味を調え、残りのポン酢を入れます。
    ※加熱途中で具を混ぜるとムラ無く仕上がります。
  • 4
    ★を好みの量かけて完成。

  • レンジ酸辣湯麺 1人分〈278kcal〉
酸辣湯

「カロリー計算/編集部」

<レシピ提供>岩城優子(料理教室【ゆるり】主宰)
カフェオーナー、出張シェフ&料理講師などを経て、現在はオーダーメイドの小さな料理教室を主宰。不定期でカフェ「ゆるり食堂@cafe 戸田日和 lab」でのシェフも。料理教室申し込みはブログ「ゆるり食堂へようこそ♪」から。

商品情報

Rukuo わたしの積立 Rukuo こども積立
お金に関するご相談はコチラ
お気軽にどうぞ!
各種ご相談・資料請求
忙しくても「安心」
多様なサービスをご用意
中央ろうきんのオトク・ベンリ 5つのススメ
あなたのライフスタイルに
合う商品がみつかります
貯める 借りる 増やす