投資信託のしくみについて

投資信託は、多くのお客さまから集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家(投資信託委託会社)が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。

投資信託(ファンド)の仕組み

投資信託のメリット

ポイント1少額から投資が始められる。
株式投資や債券投資にはある程度まとまった資金が必要ですが、投資信託は1万円程度から投資を始めることができます。
ポイント2投資の専門家が運用。
投資信託は、投資に関する高度な知識を持った運用のプロであるファンドマネージャーが各ファンドの運用方針に従って運用を行います。お客さま(投資家)は、定期的に発行されるレポートにて運用状況を把握できます。
ポイント3分散投資できる。
投資の基本は、資産を複数の商品に分けてリスクを分散することといわれています。投資信託は複数の株式や債券などに資金を振り分け運用しており、リスクを分散・軽減することが期待できます。

投資信託と預金のちがい

投資信託と預金の比較一覧表

投資先の特徴について

3つの投資先のメリット・デメリット

資産に投資した場合の効果

バランス(資産複合)のイメージ