Rokin asset management Site Rokin asset management Site

〜 つみたてNISA 〜 お金を“じっくり育てる”資産運用 〜 つみたてNISA 〜 お金を“じっくり育てる”資産運用

今年こそ資産運用!中央ろうきんおすすめのお金の育て方① 今年こそ資産運用!中央ろうきんおすすめのお金の育て方①

今の日本は、
ただお金を預けているだけでは
お金が増えない。

1990年代前半にバブル景気が崩壊して以来、日本の預金金利は低金利が続いています。
特に2016年に日本銀行がマイナス金利政策を導入してからは、超低金利に突入しています。
金融機関にただお金を預けているだけではお金が増えない時代は、まだまだ続きそうです。
政治や景気などの責任にしても、金利が低いことにかわりはありません。
わたしたちは、もっと資産運用について考える必要があります。

しかし、難しい投資話はここではしません。

今回おすすめしたいのは、お金を金融機関に預金するだけではなく、
預金したお金の一部を投資に振り向けて、ワインを熟成させるように
じっくり時間をかけてお金を増やす方法です。

資産運用は難しい?
資産運用はプロがやるもの?

まだまだ投資に奥手の人が多い日本ですが、国が税制優遇制度を充実させるなど、
「資産運用をしたことがない」「資産運用は難しい」という人にも「投資」をはじめやすい環境になっています。

資産運用は、お金の面から人生を豊かにする手段のひとつですので、ぜひ考えてみましょう。

資産運用は手段、目的は幸せな人生の実現。

出典:金融庁ホームページ(人生設計としてのライフプラン)

まず、自分が思い描く人生を叶えるには、どのくらいのお金が必要になってくるのか、
以下のサイトでライフプランシミュレーションをしてみましょう。

ここでは、必要なお金を見える化することが目的です。
現状を知り、未来を思い描き、しっかり考えることが資産運用の第一歩です。

お給料をコツコツ貯めて、夢が叶うのであればそれもよし。
お給料だけでは足りないかもしれない、そう考えたとき、お金にも働いてもらいたいと思うのもまた自然なことだと思います。

そして、資産運用にはいろいろな方法があります。
どの運用方法を利用するかは、夢と現実の間で実現可能なものをチョイスします。

「いつまでに?」「どのくらい?」「メリットとデメリットは?」を明らかにすることで、資産運用の方法を考えましょう。

目的を持ち、お金がいくら必要で、それに到達するために
どんな方法を選ぶべきかをイメージすることが大切です。

例)40歳既婚男性の場合 「今住んでいるマンションをリフォームしたい」

いつまで
15年後
どのくらい
300万円
ボーダーライン
投資がはじめてなので妻も納得する安定(ローリスク)希望

こうしたライフプランシミュレーションでは、
30代以降は個人から家計単位で資産を考えることになり、
一般的には安定(ローリスク)が
求められる傾向にあります。

「資産運用って難しい」を解決した
「つみたてNISA」って?

「資産運用」と聞くと身構えてしまうみなさんに知ってほしい運用方法があります。
「つみたてNISA」は投資信託を活用した積立制度です。

投資信託とは…

「投資信託(ファンド)」とは、「個人から集めたお金をまとめて、専門家が株式や債券などに投資・運用し、その運用成果が投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

出典:投資信託協会ホームページより

例えば、預金を「金融機関に投資している」と考えると、
元金が担保されていること、金利がつくことがメリットです。
投資信託の運用成果は、市場によって変動するため、損をすることももちろんあります。

つまり、元本が保証されている金融商品ではありません。
きっとその部分が人によっては二の足を踏んでしまうところでしょう。

一方で「つみたてNISA」は、時間と価格の分散により
投資信託の元本割れリスクの軽減が期待できる金融商品。
はじめての方にもわかりやすく、そしておトクに利用できるポイントをまとめました。

積立・分散投資の効果(実績)

出典:金融庁ホームページより

point1

少しずつはじめられる。

少額からでも投資を始められる投資信託が対象。中央ろうきんは毎月5,000円から投資が可能です。
1日単位で考えれば、500mlペットボトル約1本分の金額であり、気軽にはじめられます。

例)中央労働金庫ホームページより

point2

投資信託の運用利益が非課税。

通常の投資では、利益に20%程度の税金がかかります。
しかし「つみたてNISA」では、なんと利益がまるまる自分のものに。
非課税期間は、投資した年から最長20年間、
非課税枠いっぱいの40万円まで非課税の優遇を受けながら運用することができます。

point3

安定的な資産運用が期待できる。

対象の投資信託は国が定めた基準を満たした長期・積立・分散投資に適した商品と定められています。

  • 販売手数料が0円
  • 運用管理費用が低い
  • 頻繁に分配金が支払われない商品
point4

自分で金融情報を集めなくていい。

「つみたてNISA」は、運用のプロであるファンドマネージャーが運用してくれるので、専門知識が必要ありません。
さらに、一定額を定期的に積み立てるメリットを最大限に活用することで、
時間と価格の分散により平均購入単価を安定させる効果(ドル・コスト平均法)が期待できます。

ドル・コスト平均法とは一定額を定期的に購入していく方法です。時間と価格の分散により、平均購入単価を安定させる効果が期待できます。

※ドル・コスト平均法は、投資信託の基準価額の下落リスクを低減するものではありません。

投資信託の積立投資と一括投資の比較(例示)

  • ※上記の数字は、仮定のものであり、将来の成果をお約束するものではありません。また、計算には手数料等を考慮しておりません。

あらかじめ決めた金額で継続的に投資することで、安いときに少なく買ったり、
高いときに多く買ってしまったりすることを避けられます。

「つみたてNISA」について詳しくは

中央労働金庫
つみたてNISA特設サイト

「果報は寝て待て」の資産運用をはじめよう

金融機関の定期預金のように一定期間をかけて資産運用を行うイメージの「つみたてNISA」は、
市場があがったりさがったりしても、一喜一憂せず、長い目で資産形成と向き合うことができる運用方法です。

積立投資はお金をファンドマネージャーに「運用してもらう」仕組み。
大切なお金だからこそ、専門家に任せて自分はのんびりと構える。

「寝る子は育つ」「果報は寝て待て」
先人たちの格言のように、
お金もじっくり育てる時代なのです。

  • ・投資信託は元金が保証されているものではなく、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。「つみたてNISA」は投資信託を活用した積立制度であり、同様に損失が生じるおそれがあります。
  • ・お取引にあたっては、契約締結前交付書面等の書面の内容および以下の注意事項を十分にお読みください。
注意事項