CSRトップメッセージ

労働金庫〈ろうきん〉は、働く人がお互いを助け合うためにつくった非営利の協同組織金融機関であり、日本で唯一の働く人のための福祉金融機関です。

1950年に初めて〈ろうきん〉が設立されて以来、〈ろうきん〉は、常に一貫して、金融商品・サービスの提供を通じた、働く人の経済的地位の向上に努めてきました。そして、2001年に関東エリアを主とする1都7県の労働金庫が合併して設立されたのが、「中央労働金庫」です。

当金庫は、「労働者自主福祉金融」という金庫の本業そのものをCSR活動の中核に据えて、会員・組合員、地域社会、金庫職員とのコミュニケーションを通じて共通価値を追求し、持続可能な社会の発展に貢献していくことをめざしています。

CSR経営のアクションプランとして策定している『CSR活動計画』では、変化するESG(環境・社会・ガバナンス)諸課題を的確に捉えて取組みを進めていくため、社会的責任に係る各種ガイドラインや持続可能な開発目標(SDGs)もふまえて、重要課題を設定しています。

組合員の課題解決の具体策として掲げているのが、セーフティネット商品制度の充実です。資産形成の支援による将来不安の払拭や、低利な融資商品への借換えによる可処分所得の向上、多重債務防止の取組みや災害時に利用できる各種融資制度等が、これに該当します。

また、労働組合・生活協同組合などの会員や労働者自主福祉運動を進める団体、非営利・協同セクターとの協働により、金融面以外の取組みにも参画し、働く人が安心して暮らすことのできる地域社会の実現にも取り組んでいきます。

これらの運動を進めることで、社会的課題の解決(会員や社会と共有できる価値の追求)を図りながら、労働金庫の使命である「労働者の経済的地位の向上」(労働金庫法第1条)にも寄与していくことが、金庫のCSR経営の基本的な考え方となっています。

当金庫は、共助の資金循環を通じて共生社会の実現をめざす〈ろうきん〉の原点に立ち返り、働く人のための福祉金融機関としての役割を発揮すべく、会員・組合員、地域社会、職員とともに、金庫と地域社会の持続的な発展をめざしてまいります。

理事長 松迫 卓男