ろうきん 中央労働金庫

PC版サイト金融機関コード:2963

戻る

金利引下げ制度(不動産担保ローン)

対象商品

  • 住宅ローン
  • 借換・買替ローン
  • 有担保フリーローン

以下の金利タイプのいずれかをお選びいただけます。

次の<取引条件>を満たす方につきましては、下表のとおり標準金利より金利引下げいたします。

  • <取引条件>
    (1)給与振込指定(※1)・(※2)
    (2)カードローン(マイプラン)
    (※1)お客様のご都合により給与振込指定ができない場合、財形貯蓄またはエース預金(年間積立額12万円以上)をご契約いただきます。
    (※2)<取引条件>は融資実行時までにご契約いただくことが条件となります。ただし「給与振込指定」については、ご予約でも対象となります。

≪金利ミックスご利用の方≫以下の要件を満たすと、変動金利型の金利をさらに年0.05% 引下げ <要件>変動金利型と全期間固定金利型または固定金利特約型20年(当初期間引下げ型)の組み合わせで、かつ借入総額の30%以上が全期間固定金利型または固定金利特約型20年(当初期間引下げ型)であること。

  • (注1)金利引下げ幅には、標準金利からの引下げ幅(引下げ金利)を表示しています。
  • (注2)変動金利型は返済途中で固定金利特約型・LooF10(上限金利特約型)に切り替えた場合、切替後は標準金利から年1.40%引下げとなります。
  • (注3)当初期間引下げ型をお選びいただいた場合、特約期間終了後は標準金利から年0.40%引下げいたします。
  • (注4)全期間引下げ型をお選びいただいた場合、特約期間終了後も標準金利から年1.40%引下げいたします。
  • (注5)当初期間引下げ型の場合、固定金利特約型20年のみ金利引下げ幅が年1.85%となりますが、それ以外の固定金利特約型(3・5・10年)ならびにLooF10(上限金利特約型)の金利引下げ幅は年1.70%となります。
  • (注6)金利引下げ適用期間中に元利金の返済が遅延した場合等には、引下げ金利の適用を中止する場合がございます。

Copyright © Chuo Labour Bank,All Rights Reserved