写真:PIXTA(ピクスタ)

小学校からオール国公立なら700万円、オール私立なら2,000万円
超え!!進学プロセス別に見る、子どものための教育資金

子どもの夢を叶えるため、家庭ごとに異なる「教育方針」。オール国公立やオール私立といった“進学プロセス”も、そのひとつでしょう。ここでは、進学プロセスごとに実際に必要な資金、またその教育資金を準備するための方法をお伝えします。

目標は私立大学費用の500万円!小学校から大学までの進学プロセス別教育資金一覧

青:国公立 / 赤:私立

進学プロセス 小学校 中学校 高校 大学 (文系) 大学 (理系) 合計
大学 (文系) 大学 (理系)
オール国公立 192万円 144万円 123万円 242万円 701万円
小学校・大学のみ国公立 402万円 297万円 1,133万円
大学のみ私立 144万円 123万円 386万円 522万円 845万円 981万円
高校から私立 297万円 1,019万円 1,155万円
中学校から私立 402万円 1,277万円 1,413万円
小学校から私立 922万円 2,007万円 2,143万円
  • 1 文部科学省[平成26年度 子供の学習調査]より
  • 2 小学校から高校までは学習費総額
  • 3 文部科学省「平成22年度 国立大学・授業料、入学料及び検定料の調査結果」より
  • 4 文部科学省「平成26年度、私立大学入学者に係る学生納付金調査」より
  • 5 大学4年間の費用は、入学料、授業料、施設設備費等を参考に作成

小学校から大学までの教育費は、すべて公立の場合で約700万円。すべて私立の場合(大学が理系と仮定)は、約2,140万円という多額の資金が必要になります。小学校入学から大学卒業までの16年間にかかる費用のうち、家計からの支出で間に合うものもあるでしょう。ただし大学資金など、ある程度まとまった金額が必要な時期に向けて、早めに準備をしておくと安心です。

「学資保険」「ジュニアNISA」「教育ローン」etc...
それぞれのメリットと注意点は?

教育資金の準備と聞いて一番に浮かぶのは「学資保険」という方も多いでしょう。また最近では、「ジュニアNISA」も教育資金の準備方法として注目されています。

① 学資保険

「学資保険」とは、その名のとおり子どもの教育資金の確保を目的とした保険です。
毎月、決まった金額の保険料を支払い、契約した給付金を「満期金」や「お祝い金」として、契約時に設定した日に受け取ることができます。契約者(親など)に万が一のことがあって保険料が払えなくなった場合(※1)でも満期金を受け取れるほか、保険料として着実に貯蓄ができる仕組みは大きなメリットといえます。
ただし、中途解約すると元本割れをする場合があるので注意が必要です。

  • ※1死亡や高度障害など、保険会社によって条件は異なります。

② ジュニアNISA

「ジュニアNISA」とは、未成年者少額投資非課税制度といい、2016年から新しく始まった制度です。子ども(0歳~19歳まで)1人あたり年間80万円、合計400万円分の非課税投資ができる制度です。
そこで得られた譲渡益や分配金、配当金への税金が、投資した年から5年間、非課税になる点が大きなメリットです。ただし自分で運用しますので、保険や預金より大きく増える可能性がある一方、元本割れを起こす可能性があることに留意しておきましょう。
また、原則18歳になるまで払い出しできないため、教育資金を準備するという観点からはメリットといえますが、利用の際は十分に検討が必要です。

③ 教育ローン

「教育ローン」とは、教育資金を準備するための上記2つの方法とは違い、教育資金の不足分を補うため、使い道が教育関係に限られた借り入れ(ローン)です。
中央ろうきんをはじめ各金融機関で取り扱っています。ほかのローンと同じく利用にあたっては審査がありますが、奨学金(※2)と違い入学前の段階で借り入れができるため、入学金や前期の学費など、入学前の支払いに対応できる点はメリットといえるでしょう。
ただし、親が借り入れ、返済していきますので、親自身の老後資金にも影響する場合があります。利用の際は、老後のライフプランを考慮し検討する必要があります。

「学資保険」「ジュニアNISA」以外にも、金融機関の自動積立などでコツコツ貯める方法もあります。そして家計の状況によっては「教育ローン」を利用するケースも出てくるでしょう。

満期日を設定して積み立てられる『Rukuo(ルクオ)こども積立』がオススメ!

中央ろうきんが、女性の幸せを願ってスタートさせた『Rukuo(ルクオ)』シリーズ。そのラインナップの一つに、お子さまの教育資金を準備するための『こども積立』があります。こども積立は、満期日を決めて毎月指定日に決まった金額を自動で積み立てするものです。
前述の「学資保険」や「ジュニアNISA」と違う点は、満期前でも一部払戻・全額払戻が可能であるということ。どうしても必要な時に払い戻しができるのは、いざという時に安心ですね。

写真:PIXTA(ピクスタ)

特徴は、以下のとおり3つあります。

① 臨時収入があった時は、毎月の積立以外にも追加で積立口座に預け入れできる
② 普通口座からの自動振替なので意識せずに貯められる
③ 金利上乗せ特典がある

さらに、毎月1,000円から手軽に積立できるのが嬉しいところです。利用する側にとって使い勝手が良い点が大きなメリットといえるでしょう。

教育資金の最終的な目的は、「中学や高校、または大学入学時である○年後に、確実に目標金額を準備しておくこと」です。「学資保険」「ジュニアNISA」や『Rukuo(ルクオ)こども積立』など、その手段を1つに絞るのではなく、うまく組み合わせて準備するのも一案です。教育資金は無理のない金額で一日も早くスタートし、確実に貯めることがポイントです。


監修/ファイナンシャルプランナー 内村しづ子(FP事務所マネーサロンキャトル)

一覧ページに戻る

ページトップへ

商品情報

Rukuo わたしの積立 Rukuo こども積立
お金に関するご相談はコチラ
お気軽にどうぞ!
各種ご相談・資料請求
忙しくても「安心」
多様なサービスをご用意
中央ろうきんのオトク・ベンリ 5つのススメ
あなたのライフスタイルに
合う商品がみつかります
貯める 借りる 増やす