「リスク」と「リターン」の関係

リスクとは収益、損失の振れ幅、変動幅のことです。リスクを大きくした(=リスク許容度が高い)場合、リターンについても振れ幅が大きくなり、大きな収益が期待できる半面、大きな損失を被る可能性も高くなります。

高いリターンが期待できるファンドほど、相対的にリスクも高くなります

投資対象別「リスク」と「リターン」のイメージ

投資対象別リスクとリターンのイメージ

どんなリスクがあるの?

価格変動リスク

ファンドに組み入れられている株式や債券、不動産投資信託等の価格が変動するリスクのことです。株価は最終的には市場における需給によって決まりますが、一般的に、国内および海外の政治・経済情勢、企業の業績等の影響を受けます。

  • 1.投資対象とする会社の株価が上昇した場合、基準価額の上昇要因となります。
  • 2.投資対象とする会社の株価が下落した場合、基準価額の下落要因となります。
  • ※ その他の資産の値動きについては、6頁をご確認ください。

信用リスク

債券や株式等の発行体の経営・財務状況等の悪化によって生じるリスクのことで、ファンドの基準価額に影響を与えます。

発行体の経営・財務状況等が悪化すると、債券の元金や利息の支払いが滞ったり、配当が受け取れない、投資元本が戻ってこないなどの信用不安が高まり、基準価額の下落要因となります。

金利変動リスク

市場金利の変動による債券価格の変動によって生じるリスクのことです。

  • 1.金利が上昇した場合、債券価格は下落するため、基準価額の下落要因となります。
  • 2.金利が低下した場合、債券価格は上昇するため、基準価額の上昇要因となります。

為替変動リスク

為替相場が変動することによって生じるリスクのことです。為替は国内外の政治・経済情勢など様々な環境に影響を受け変動します。また為替の変動を回避する為替ヘッジを行う場合は、ヘッジコストがかかります。

  • 1.ファンドが投資対象とする通貨に対して円高の場合、基準価額の下落要因となります。
  • 2.ファンドが投資対象とする通貨に対して円安の場合、基準価額の上昇要因となります。

その他リスク

ファンドの組み入れ資産が現金化できない、その他不測の事態が発生した場合に投資元本を割り込むリスクや、投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化や新たな取引規制等によって、基準価額が変動するリスクなどがあります。