そもそもリバランスとは

資産価値は運用成果によって常に変化しています。そのため、最初に資産を投じて、そのままにしておくと、資産配分が崩れ、リスク軽減の効果が薄くなる可能性があります。そこで、アフターケアとして、定期的に資産配分を確認し、見直す事が重要になります。このような資産配分の調整をリバランスと言います。

資産をみつめなおす「リバランス」

リバランス配分の流れ

資産配分が大きく崩れていたら

A資産とB資産のリスク・リターンが大きく異なる場合、ポートフォリオの見直しによって、元の資産配分に戻すといった見直しを検討してみることも大切です。

リバランスのタイミングについて

リバランスは「半年ごと」または「1年ごと」に行うと効果的だといわれています。
定期的にチェックを行う日を決めておき、資産比率に乖離が生じていた場合、リバランスを行うといいかもしれません。

Webサイトで運用状況を確認してみる。