「貯蓄できない女子」から「貯蓄デキル女子」に!

働いているのになかなかお金が貯まらない…。気付いたら通帳の残高が減っている…。そんな経験ありませんか?出来ることならラクしてお金を貯めていきたいと思っているあなたに、貯められない人の特徴と貯めるための簡単なテクニック、こっそり教えます。

そもそも世間の働く女性はいくら貯めている?

世間一般的に言われている20・30代の働く女性の1ヶ月の平均貯蓄額は「4.5万円」。
年齢別にみると、20~24歳が「4.3万円」、25~29歳で「4.9万円」、30~34歳で「4.6万円」、35~39歳で「4.3万円」となっています。
一方で平均貯蓄額は、「327.8万円」。
年齢別だと、20~24歳で「161.0万円」、25~29歳で「246.2万円」、30~34歳で「354.8万円」、35~39歳で「531.9万円」となっており、年齢を重ねるごとに貯蓄額が増える傾向にあります。

参照:finlife“20・30代女性の貯蓄事情”より

貯蓄する目的って?

働く女子の貯蓄する目的としては「結婚資金として」「妊娠・出産のために」「育児資金として」といったものから「なんとなく」と様々。中でも多く聞かれたのは「老後(将来)のため」という意見でした。人生のライフイベントのためであったり、今後の生活のためであったりとしっかり考えているみたいですね。

参照:ANGIE(エスタイル社) “女性の人生のお悩みトップ5”より

この結果だけ見ると、みんなしっかり貯めている気が…。でも本当に賢く貯蓄できているのでしょうか?
別の調査で“お金の悩み”に関して聞いてみるとその多くは、「貯蓄ができない」「給与が少ない」が上位に。
しっかり貯められている女子の一方で貯められない女子もやっぱり多いみたいです。
あなたは貯蓄できない女子?それとも貯蓄デキル女子?

参照:女の転職@type 20・30代女性会員へのWEBアンケートより

貯蓄できない女子の4つの特徴

実は貯蓄できない女子には特徴があるんです。
ここでその特徴を4つあげますが、みなさんはいくつ当てはまるでしょうか。

特徴① 計画性がない

自分の預金が今いくらあるか把握していますか?ついつい口座から月に何度も引き出してしまう…など心当たりはありませんか?そんな人は要注意です。
貯蓄できない女子の特徴として今いくら持っているかを把握していない点があげられます。

特徴② 残ったら貯蓄しよう!と考えている

毎月振り込まれる給与のうち、必要分を差し引いて残った分を貯蓄に回そうと考えている人は多くいます。ですがその結果、月末を迎えて残金を確認してみたらカラッポということになりかねません。
ついつい貯蓄は月末に…と後回しにし、貯蓄が出来ない人はこの考えを持っている人が多いです。

特徴③ 貯蓄への目標がない

前述で貯蓄における様々な目的を記載しましたが、皆さんは、しっかりとした目的はありますか。目的がある人は期限や金額など目標を決めていますか。
漠然とした目標だけではなく、貯蓄への意識が強くなるよう期限や目的を明確に考えて、貯蓄のことを考えるというのも“貯まらない女子”を脱却する一歩です。

特徴④ 必要なものと欲しいものが区別できない

買い物する際についつい必要ないもの、目的とは違う買い物をしてしまっていませんか?
何かを購入する際には「必要」なものと「欲しい」ものの見極めが必要です。
取捨選択をしっかり行って、貯蓄できる意識づくりをしていきましょう。

上の特徴に少しでも当てはまる人は“貯蓄できない女子”の傾向が強いので、次の貯める3つのポイントを是非チェックしてくださいね。

貯めるための3つのポイント

ポイント① 貯蓄額を決める

貯蓄は習慣だとよく言われています。まずは貯蓄計画を立てることが大切です。
ただ何となくお金を貯めるというのはなかなか続きにくいので、何のために、いつまでに貯蓄をするのかを明確にしておきましょう。
実家暮らしなどの居住形態や給与額によって差はありますが、貯蓄の理想の割合は、実家暮らしの場合は手取りの4割、一人暮らしの場合は手取りの1~2割が理想だそうです。金額でいうと実家暮らしの方は一か月に8~10万円、一人暮らしの方は2~3万円ほどを貯蓄してみてはいかがでしょうか。

参照:ブロードマインド株式会社調べ

ポイント② とにかく先に貯蓄する

余ったら貯蓄すると思っていては、お金は余りません。
手元にあると使ってしまうのが性というもの。効果的なのは毎月の給与が出たら、先に決めた貯蓄額をさっさと貯蓄してしまいましょう。
給与が入ったら勝手に貯蓄用口座に積み立てをしてくれる「自動積立の定期預金」などのサービスを活用すると効果的です。とにかく先に貯蓄をしてしまうことです。
金融機関によっては少額から積立投資ができるサービスを提供しているところもあるので、投資に興味のある方は、そんな商品を利用してみてはいかがでしょうか。

ポイント③ 固定費を削る工夫をする

毎月固定的に出ているようなお金を見直すことができれば、やりくりは楽になり、その効果はずっと継続します。 削りやすい固定費は、食費や携帯料金、電気代、年会費がかかるようなサービスやお店です。 削りすぎると長続きしなくなるため、無理のない範囲で実践するように心がけましょう。

貯蓄や、今後の将来にかかるお金のことを考えるのは何となく気が重くなりがちです。
でも身の回りのちょっとした気遣いをするだけで貯蓄への一歩は始まります。また貯蓄ができる人の傾向としてなんとなく貯蓄をしている人よりも、目的や目標をもって貯蓄をしている人の方が、貯蓄額が多いという調査データもあるそうです。

貯蓄ライフは楽しくしたいもの。
明るい将来を想像して、簡単なことからコツコツ楽しく貯めていきましょう!

一覧ページに戻る

ページトップへ

商品情報

Rukuo わたしの積立 Rukuo こども積立
お金に関するご相談はコチラ
お気軽にどうぞ!
各種ご相談・資料請求
忙しくても「安心」
多様なサービスをご用意
中央ろうきんのオトク・ベンリ 5つのススメ
あなたのライフスタイルに
合う商品がみつかります
貯める 借りる 増やす