メニュー

キャッシュカード詐欺盗(さぎとう)

警察官や銀行協会職員等を名乗り、「あなたの口座が悪用されている」などといった電話がかかってきたら要注意です。

主な手口

例えば、こんな電話があったら要注意!

銀行協会のものです。あなたのキャッシュカード(銀行口座)が不正に利用されているようです。キャッシュカードを確認したいので、ご自宅に伺ってもよろしいでしょうか?

◯◯警察署のものです。詐欺グループの犯人を捕まえたら、あなた名義のキャッシュカードが偽造されていました。警察官を自宅に向かわせるので、指示に従ってください。

◯◯百貨店のものです。お客様のクレジットカードを使って商品を購入された方がいます。お心当たりがない場合、このままだと、キャッシュカードも悪用される可能性があります。

このような電話があったら、詐欺を疑ってください!
特に「キャッシュカード詐欺盗(さぎとう)」は、近年増加傾向にある特殊詐欺です。東京都における2021年の被害額は11億5,926万円にもおよんでいます。

(出典:警察庁「警察庁・SOS47 特殊詐欺対策ページ」の統計データ。期間:2021年1月~2021年12月)

手口1

銀行協会職員等を装った嘘の電話がかかってきます。

電話での説明後、「キャッシュカードの確認に行く」などの名目で銀行協会職員等になりすました犯人が自宅を訪れ、被害者が目を離している隙に、偽のカードと本物のカードをすり替え、口座から現金を引き出してしまいます。銀行協会等の職員が暗証番号を聞くことはありませんので注意しましょう。

手口2

警察官を名乗った嘘の電話がかかってきます。

犯人は、電話で「詐欺グループ」や「カードが偽造されている」等の言葉で被害者の不安をあおります。その後、「今から警察官を向かわせる」等と言い、被害者を安心させます。犯人は偽のカードと本物のカードをすり替えると、「1週間後か10日後にまたくる」等と言いますが、その間に現金が引き出されてしまいます。不安をあおられたり、脅された場合はすぐに警察に相談しましょう。

手口3

クレジットカードの悪用等を偽った電話がかかってきます。

百貨店販売員等を装った犯人から「クレジットカードが悪用されている。個人情報が盗まれているかもしれないので、銀行のキャッシュカードも悪用される可能性がある」という嘘の電話がかかってきます。そこで教えられた嘘の連絡先へ問い合わせると、「新しくキャッシュカードを作り直すため、自宅に取りに行く」などと言われます。そして自宅を訪れた犯人にキャッシュカードを騙し取られ、口座から現金を引き出されてしまいます。訪問者には、キャッシュカードや通帳を渡さないようにしましょう。

対策のポイント

  • キャッシュカード・通帳は他人に渡さないでください。
  • 迷惑電話防止機器を利用しましょう。
  • おかしいな…と思ったらすぐに家族へ相談しましょう。
  • 個人情報や暗証番号は教えないようにしましょう。

〈中央ろうきん〉の
偽造・盗難キャッシュカードによる
不正な払戻しへの対応について

  • 偽造・盗難キャッシュカードによる不正な払戻しによる被害を未然に防止するため、以下の対策を行っています。
    • ICカード(磁気ストライプ併用)の導入
    • 異常取引検知システムによるモニタリングの実施
    • ATMへの「覗き見防止フィルム」の貼付および「後方確認ミラー」の設置
    • 類推されやすい暗証番号の危険性に関するご案内 等
  • 偽造・盗難キャッシュカード被害に遭われたお客様について、当金庫においてお客様に責任がないと判断した場合には、被害の全額を補償させていただきます。

キャッシュカードの偽造・盗難に関するお問い合わせ窓口

受付先:
ろうきん自動機照会センター

0120-060-560

受付時間/24時間

不審に思ったら
すぐ相談‼︎

警察相談専用電話#9110

受付時間/平日8:30~17:15
(各都道府県警察本部で異なります。)

  • 土日・祝日および時間外は、24時間受付体制の一部の県警を除き、
    当直または音声案内で対応。
Page top Top チャットで問い合わせる Chat