閉じる

メニュー
閉じる

諸費用について

マイホーム購入には物件費用以外にも、さまざまな諸費用が必要となります。諸費用はどれくらいなのか、一般的な目安をご紹介いたします。

不動産取得に関する総費用イメージ

総費用

不動産取得に関する総費用イメージ図

  • 購入する物件金額の約3~10%程度が諸費用として必要となるイメージです。
  • 物件金額の約10%~20%程度を頭金として支払うことが一般的です。
  • 総費用のうち約10%~20%程度を自己資金でまかなうことが望ましいといえます。

不動産取得にかかる諸経費

仲介手数料 不動産売買で業者に支払う手数料です。一般的には「(購入価格の3%+6万円)+消費税」で計算されます。
印紙代 売買契約書、工事請負契約書、金銭消費貸借契約書などにかかります。
それぞれの契約書ごとに印紙を貼付します。
登録免許税 所有権保存登記、移転登記、抵当権設定登記などにかかります。
不動産取得税 不動産を取得した時、都道府県に納める税金です。
消費税 住宅取得の場合、建物価格に10%がかかります。
  • 住宅購入の際、資金援助を受けた場合など、贈与税や相続税がかかることがあります。

ローン契約にかかる諸経費

不動産担保取扱手数料 住宅ローンを金融機関で利用する場合に必要な手数料です。
〈中央ろうきん〉では以下のとおりです。
  • 団体会員および生協会員の場合
    11,000円(消費税込)
  • 上記以外の場合        
    33,000円(消費税込)
  • 団体会員および生協会員の定義
  1. 団体会員とは、中央労働金庫に出資いただいている、以下の団体をいいます。
    ①労働組合 ②国家公務員・地方公務員等の団体 ③勤労者のための複利共済活動を目的とする団体で一定の条件を満たすもの
  2. 生協会員とは、中央労働金庫に出資いただいている生協のうち、生協組合員融資制度を導入している生協の組合員および同一生計家族の方
  • なお、対象とならない場合もございますので、詳しくは〈中央ろうきん〉営業店までお問い合わせください。
保証料 ローン利用時には保証機関に保証を依頼します。その際に必要な保証料です。
〈中央ろうきん〉では保証協会の定める保証料が必要となります。
  • 詳しくは〈中央ろうきん〉営業店へお問い合わせください。
団体信用生命保険

〈中央ろうきん〉の住宅ローンには団体信用生命保険(団信)が付いており、3つのタイプからお選びいただけます。さらに連帯債務者である配偶者とご夫婦2人で加入できる「夫婦連生団信」もご用意しています。詳しくは〈中央ろうきん〉営業店へお問い合わせください。

【団体信用生命保険】
最高1億円(融資残高に応じて定まり、返済に応じて逓減)

  • 夫婦連生団信をお選びの場合は、保険料相当額を住宅ローン金利に上乗せさせていただきます。(年0.1%)

【就業不能保障団信(団体信用就業不能保障保険)】
最高1億円(融資残高に応じて定まり、返済に応じて逓減)

  • 保険料相当額を住宅ローン金利に上乗せさせていただきます。(年0.1%)
  • 夫婦連生団信をお選びの場合は、保険料相当額を住宅ローン金利に上乗せさせていただきます。(年0.3%)

【ろうきんオールマイティ保障型団信(正式名称:3大疾病保障特約・障がい特約付団体信用生命保険)】
最高1億円(融資残高に応じて定まり、返済に応じて逓減)

  • 保険料相当額を住宅ローン金利に上乗せさせていただきます。(年0.3%)
火災保険・火災共済 〈中央ろうきん〉では、ご融資対象の住宅にお客様ご指定の保険会社の火災保険をお付けいただきます。また、〈中央ろうきん〉でも火災保険・火災共済をご用意しておりますのでご相談ください。

その他の諸経費

司法書士報酬手数料 所有権保存登記、移転登記、抵当権設定登記を行う際、司法書士に依頼するのが一般的です。その際の報酬料の他、日当、交通費などもかかります。
地盤調査・
住宅診断にかかる費用
専門業者に調査を依頼することで、安全な土地・建物かどうかを確認でき、安心して購入・居住することができます。
引越代など 引越費用や家具、照明器具、カーテンなどの調度品費用を見込んでおく必要があります。

ローンに関するお問い合わせ・
ご相談はこちら

オンライン相談のご案内はこちら

メールでのご相談を
ご希望の方

ローンご相談シート

商品・サービスの資料を
お求めの方

資料請求

〈中央ろうきん〉お客様相談デスク

0120-86-6956

受付時間/平日9:00~18:00

Page top Top チャットで問い合わせる Chat