ろうきん金融教育サポートプログラム
新・大人社会へのパスポート

趣旨

 〈中央ろうきん〉では、会員・企業・教育現場における年代別のライフプランセミナー・マネートラブル防止セミナーの開催や、弁護士・司法書士ネットワークを有効活用した多重債務問題の解決に向けた相談活動の充実など、金融教育の取組みを強化しています。
今般、東京経済大学 現代法学部 村千鶴子ゼミとの合同プロジェクトにより、2022年4月の民法改正(成年年齢の18歳引き下げ)を踏まえた若年者向け金融教育動画ならびにワークブックを学生目線で制作しました。18歳で成年となることの責任について正しく理解いただくとともに、高等学校や大学の授業、新入社員研修、家庭などでご活用ください。

映像の構成

 この動画は若者が知っておくべき〈契約〉について学び、〈消費者トラブル〉を防ぐための啓発動画です。現代の若者の日常生活のなかで起こりうる身近なマネートラブルについて解説します。クレジット・ローン契約支払い遅延やマルチ商法による被害の事例を紹介し、18歳で成年となることの責任について正しく理解していただくことを目的としています。
 導入、事例1、事例2、まとめの4部構成となっています。映像時間は、約15分です。

ワークブックの構成

 このワークブックは成年と未成年の違いやクレジットカードの基礎知識、消費者トラブルに遭った際の解決策などについて理解し、正しく行動いただくことを目的にしています。
 Q&A形式となっており、まずテーマごとの問題を解いてから正答と解説を確認することで理解を促進します。動画視聴後に使用すると効果を高めることにつながります。

ワークブック(PDF)はこちら