ろうきん金融教育サポートプログラム
新・大人社会への
パスポート2

~君たちへ贈る!お金との
<上手な付き合い方>~

コンセプト

「投資教育」中心の金融リテラシー教材がありふれている中、「若年者に必要な金融リテラシーとは何か」について、現役大学生と検討を重ねました。その結果、若年者が将来マネートラブルに巻き込まれないためには、普段の暮らしでは「あたりまえ」に感じてしまう「お金をつかう」・「お金をためる」ということの学習が必要不可欠であると結論づきました。そのためまずは、基礎編(お金の本質「つかう」と「ためる」)をご覧いただいたうえで、応用編(ライフプラン・家計管理・金融商品・トラブル防止と解決)を学べる内容・構成としています。カリキュラムやテーマ、時間等にあわせてご活用ください。

動画の構成

◇ 金融リテラシーという馴染みのないテーマを取り扱うにあたり、授業現場で少しでも興味をもってもらえるよう、基礎編導入部分にアニメーションを取り入れました。応用編にもアニメキャラの会話を挿入することで、飽きないよう工夫しました。

◇ 若年者がマネートラブルに巻き込まれないために、学習機会の少ないお金を「つかう」と「ためる」をあえて最初に取り上げることでマネートラブル防止につなげる動画としました。

基礎編

お金の本質「つかう」と「ためる」(約20分)

応用編
  • ライフプラン(約12分)

  • 家計管理(約11分)

  • 金融商品(約16分)

  • トラブル防止と解決(約11分)