メニュー

〈中央ろうきん〉のピンクリボン運動について

〈中央ろうきん〉は
ピンクリボン運動を応援しています。

乳がんの早期発見・早期受診・早期治療の大切さを伝える、
「ピンクリボン運動」。
〈中央ろうきん〉はその趣旨に賛同し、
「お客さまに参加いただく社会貢献活動」として、
2011年よりピンクリボン運動を応援しています。

ピンクリボン運動
寄付の対象となるお取引と寄付額

Rukuo(ルクオ)こども積立 新規ご契約1件につき50円を寄付

〈中央ろうきん〉が 公益財団法人日本対がん協会「ほほえみ基金」に寄付いたします。

2011年9月1日~2022年3月31日までの
寄付金額

96,427,225

「ピンクリボン運動」とは

ピンクリボン運動は、乳がんの正しい知識を広め、早期発見・早期治療の大切さを啓発する世界的な運動で、日本においてもさまざまな団体が運動に参加しています。

世界に広がる、ピンクリボン運動

1980年代のアメリカで、幼い子供を残して乳がんで死去した女性の母親が、同じ悲しみを繰り返さないようにと願い、孫と共にピンクリボンに早期発見・早期検診のメッセージを託したことが始まりとされています。

世界的に広がったピンクリボン運動の啓発活動の1例として、ピンクリボン月間である10月に世界的に街の建造物をピンクリボン運動のシンボルカラー・ピンク色にライトアップする取組をはじめ、街頭フラッグ、街頭での啓発グッズの配布、さまざまなメディアを起用したピンクリボンアピールなどが行われます。

日本では、2000年10月に乳がん患者支援団体が東京タワーをピンク色にライトアップしたことをきっかけに、ピンクリボン運動が広く認知されるようになりました。

乳がん検診を受けましょう

乳がんは日本人女性が患うがんの中で最も多く、乳がんにかかる人は、年々増加しています。
その反面、早期発見・早期治療によって、90%以上の方が治ると言われています。
あなた自身や大切なご家族のために、定期的に乳がん検診を受けましょう。

寄付金の使いみち

公益財団法人日本対がん協会「ほほえみ基金」では、乳がんの征圧に向けて幅広い活動をおこなっています。

  • 乳がん検診機器の整備(マンモグラフィ、乳房超音波診断装置など)
  • 乳がん検診の推進(検診無料クーポン券の配布など)
  • 患者・治癒者のグループの活動支援
  • がん相談
  • 検診技術者の研修
  • シンポジウム、セミナー、イベントの開催
  • バッジやリーフレットなど啓発グッズの配布 など
Page top Top チャットで問い合わせる Chat