中央ろうきん助成制度|生きるたのしみ、働くよろこび カナエルチカラ

制度概要

2019年度応募受付(2020年募集)は終了いたしました。
たくさんのご応募有難うございました。

選考結果

趣旨

中央ろうきんは、働く仲間を応援する非営利・協同組織の福祉金融機関です。
「勤労者の生活を守り向上させる」という使命のもと、働く人を取り巻く社会的課題の解決と、人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与することを目的としています。

2002年より「中央ろうきん助成プログラム 個性が輝く“ひと・まち・くらし”づくり」を開始し、ボランティアグループや市民団体による新しい活動の芽を応援してきました。また、2015年からは「中央ろうきん若者応援ファンド」を開始し、社会的な不利や困難を抱える若者の自立就労支援に取り組む市民活動を応援してきました。
この度、2つの助成制度を統合再編し、新たに「中央ろうきん助成制度“カナエルチカラ”~生きるたのしみ、働くよろこび~」を開始します。

本制度の名称“カナエルチカラ”は、中央ろうきん職員からの応募により決まりました。
本制度がさまざまな団体・人の想いを叶える力となりますように…との願いが込められています。

誰もが生きるたのしみと、働くよろこびを享受できる地域社会の創造に向けて、関東エリア1都7県で、生活者・労働者の視点に立ち、参加や協力をベースとした新たな自主事業の開発と創造に取り組む市民団体を応援します。

中央ろうきんは、本制度が多くの皆さまに親しまれるよう、真摯に助成事業を行ってまいります。

2019年9月
中央労働金庫

  • この助成制度は、特定非営利活動法人市民社会創造ファンドの協力のもとに実施しています。

選考結果

「中央ろうきん助成制度“カナエルチカラ”」の選考は、<中央ろうきん>の会員団体、地域のNPO支援組織・<中央ろうきん>都県本部ほか各都県5名で実施する「都県選考(一次選考)」と、外部有識者を含む6名で実施する「本選考(二次選考)」にて行われます。これまでの選考結果は、こちらからご覧いただけます。

制度概要

「中央ろうきん助成制度“カナエルチカラ“」は、団体のユニークで新しい試みやチャレンジを応援する助成制度です。
「~生きるたのしみ、働くよろこび~」をテーマとし、「生きるたのしみ」と「働くよろこび」が相互に豊かな関係をつくりだす活動として、「生きるたのしみ」という面では、広く“ひと・まち・くらしづくり“に役立つ発想豊かな活動を、「働くよろこび」という面では、働く/働きたい人が直面する様々な課題に対して、多様な働く場・機会の創出に焦点を当てた活動を想定しています。
特に、公的な補助や支援の対象とならない/なりにくい、自主的かつ先駆的な活動を応援します。

2019年度応募受付(2020年募集)は終了いたしました。

2020年募集概要

応募受付期間:2019年10月1日(火)~10月31日(木)〔消印有効〕

詳しく
見る